FC2ブログ





[ウルフルズ] 愛・ヤッサ博’06 その2

その1から続きます


Voシャッフルをした後に続くは・・・
「大阪の大阪による大阪のためのー!」

大阪ストラット
 「おおさかッ!おおさかッ!あれもこれもあんで~~♪」
 お決まりで、この最初の部分が、その時々で変るんやけど、
 「おおさかッ!おおさかッ!」から「ばんぱくッ!ばんぱくッ!」と続いた後、
 ちょうど風に乗ってステージまで匂いが届いていた、
 ある食べ物がコールされます。
 それは・・・「ヤキソバっ!ヤキソバっ!
 何ッでやネン(笑
 自称「ソース焼きそばに目が無い男」トータス、
 「いい匂い!」「腹減ったー(笑」を繰り返し、
 「目の前に置いてあったら動揺して歌ってられヘン(笑」
 それにしても2万人で「ヤキソバッ!」て・・・いったい(笑
 でも面白かったし、それにノッてしまう会場も大好きです♪

歌い終わるとケーヤンが[タテジマ]になってます。
そうです「六甲おろし」大合唱!(ケーヤンはタイガースの大ファン)
客席はロケット風船を膨らませます(入口で全員に配られます)
「♪~オーウ!オーウ!オウオウ!はーんしーんタイガース!フレーフレフレフレー!!」
歌い終わると同時に、甲子園に負けない勢いで、
芝生広場にロケット風船が舞い上がります!!
・・・最高です♪

あふれだす
 とても判りやすい歌詞が大好きです(笑

事件だ!
 サビ前の「♪~Go!Go!Go!Go!事件だッ!」
 ここの振りが『こー』は、お気に入り♪

バカサバイバー
 盛り上がる曲が2曲続き・・・

即興でトータス弾き語り
数人のお客さんの前から始まったウルフルズ、
毎年[ヤッサ!]が出来るのが嬉しい、これからも宜しく。
の様な感じで歌い、

そして「最後の曲です!みんなが歌いやすい大阪弁の曲!!」

ええねん
 東京弁しか聞こえない環境で育った『こー』からしたら、
 この言葉は、とても不思議な響きを持ちます。
 友達や知合いからの「ええねんで」と言う言葉で何度ラクになり励まされた事か。
 ちょっと泣けてしまいました(泣

メンバーが下手側に引き上げて、一息付きます。
気付けばすっかり陽も落ち、真っ暗。
でも、今日はいい感じに曇ってた事と、
心地良い風が吹いてたのが気持ちいい。

客席の「ガッツだぜ!」の声に応えて、再度メンバー登場!


アンコール

「アンコールありがとう!!
 Come On!Say!Yeah!!
 Every Body!Say!Yeah!!
 まだまだやりたい曲がいっぱいあるー---!
 カモーン!ケーヤン!!
この言葉に続く曲といえば・・・

ガッツだぜ!
 ステージのセンターでトータス(殿ではない ←「殿」とは・・・詳しくはPVを見てみよう♪)
 が前のめりに倒れる。
 その倒れた所にもリフターがセッティングされていて、
 倒れたトータスを乗せたまま上昇。
 客席の「ガッツだぜ!」の声、上まで昇りきるのを合図に
 起き上がるトータス・・・両手でガッツポーズ!客席からは大歓声(笑

 そして曲間では恒例になった仕掛け花火が。
 その場所は、ケーヤンのGと、ジョンBのBの先。
 ケーヤンは楽しそう、ジョンBはちょっと風向きに困ってた様子でした。

 さらには、日が暮れた後に歌った最初の曲。
 やっと照明の演出が目立ち始めます(汗
 でも・・・この時点で既に18:30を回っていて、
 しかもアンコール(もみじ川の音を出せる時間は19:00やったはずです)
 野外イベントで開演時間が早いと・・・照明て目立つ出番はないんだよね(汗

MC
先の夏フェスのMCから続く話。
若いの(流行りのアーティスト)に人を取られるのを見て、寂しい思いもしたけど、
ウルフルズだけを見るために、毎年これだけ集まってくれて嬉しい。」
と感謝の言葉が。

そして今回は新曲をやらない事、CSでの放送告知があって、
続く曲はトータスのハープから・・・

いい女~
 これがないと終われない!!
 お決まりの「いい!いい!いい!いい!いいおーんな~♪」を繰り返し、
 トータス1人、満足して袖に戻ってしまうのを、
 「もう一度トータスに会いたいかー!」と、ケーヤンが音頭を取って、
 客席全員で呼び戻すのもお決まりですね♪
 3・4回繰り返すかな?と思っていたら、2回目で自ら戻ってきたトータス
 「大事な曲やるの忘れてた♪」

A・A・Pのテーマ
 A・A・Pはキャッチコピーみたいなもんやね。
 アホ(A)アホ(A)パワー(P)です。
 ウルフルズのライブで必要なのは何よりもこれ、羞恥心は敵です(笑
 せっかく来てるライブやし、ノッて盛り上がらな損!
 客席全体が曲に合せて「A!A!P!」と人文字を作るのも楽しいです♪
 サビでのトータスのVoと、それを真似るミッキーのKey
 楽しそうに掛け合ってる2人の表情がいい♪

最後もお決まり・・・
  ト「俺たちはー!」
 客「ウルフルズー!!」
  ト「君たちはー?」
 客「お客ー!!」
  ト「ここはー?」
 客「万博ー!!」
  ト「あーい(合)言葉はー-!!カモーン!!!」
 客「A!A!P!!」

「ありがとー!!」とマイクを通さずにトータスが叫び、
「また見てねー!!」はお約束(笑
19:10過ぎ終演。

ブロック指定だけで席単位では場所の決まっていない野外、
しかもスタンディングで3時間・・・正直キツかった(汗
でも、『こー』の関西での夏を締めくくる[ヤッサ]
今年も来る事が出来たし、メチャクチャ楽しみました♪

年々、チケット争奪戦が厳しくなってるけど、
だからと言うて、
他の夏フェスやジョイントイベントに出る[ウルフルズ]を観に行ったとしても、
「見られた」と言う事以外は、
時間も曲数も演出も満足感も、何もかもが中途半端で魅力半減以下
やっぱ単独ライブの魅力に勝るものはない!!
(これは他のお気に入りのアーティストに対しても同じ事を思ってます。)
それが年に1度で何万人も集まれるモノなら・・・なおさら♪

また来年も[ヤッサ]が終わった後には・・・

夜の太陽の塔.jpg

こいつを見ないとね(笑



関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/08/26 00:00 ] ウルフルズ | TB(0) | CM(0)

[ウルフルズ] 愛・ヤッサ博’06 その1

50 yassa06.JPG

50 yassa06 チケ裏.JPG

この日は[ウルフルズ]が年に1度だけ、
地元大阪でやる野外イベント[ヤッサ!]の日です!
今年は[愛・ヤッサ博 ’06]と名づけられてました。
(去年の[モリコロ万博]のパクり?/汗)

最近の『こー』は、ウルフルズのツアーに行かないで、
1年を締めくくるここだけに来てます。
何気に02年から5年連続参加!
FCに入ってないのに毎年チケットを確保してる『こー』て、
ある意味『すごい』と・・・思ってたりします(汗
(オークションでは取ってませんからね。)

15:50過ぎに会場に入ると、既に超満員!!
今年はDブロック、上手側の前から2ブロック目、
見晴らしのいい場所を確保し始まるのを待ちます♪

16:00過ぎ
マーチングバンドが[世界の国からこんにちわ]を演奏しながら登場。
途中からチアリーダーが加わり、曲に合せて踊ります。
締めが決まった所で、ステージ下手からメンバーが登場!
するが・・・そこには、
 ケーヤン(G ウルフルケイスケ)
 サンコンJr(Dr)
 ジョンB(B ジョン・B・チョッパー)
 ミッキー(Key 伊東ミキオミッキーフロム熊本)の姿だけで、
 トータス(Vo トータス松本)
が居ない(汗
探すと、センターステージに登場してた!!
後のMCで話してたけど、
相当揉みくちゃにされながら移動してたらしい(汗

センターステージのトータスは、
そのままリフターで上昇、客席を見渡しながら歌いだした曲は・・・

ぼくのもの
 歌いだしで声が裏返った?
 後のMCで「キャリア15年としては恥ずかしい(汗」と振り返った事から、
 ちょっと引きずってたみたい。

曲の途中でトータスもステージに戻り、全員が揃います。
歌い終わり後のMCで
「歌いたい曲がいっぱいある」旨の話をして、続く曲は・・・

愛がなくちゃ
  ト「あーいがなくちゃ!」
 客「あーいがなくちゃ!」 
  ト「誰かを、あーいさなくちゃ!」
 客「あいさなくちゃ!」
 一緒に歌える曲がたくさんあると、ステージとの一体感を感じられる。
 たとえ1人で来ていても寂しくないんだよね♪

SUN SUN SUN ’95
 客席は手振って盛り上がります♪
 後ろを向くと・・・実に壮観です。

曲が終わって、
トータスが「しーっ」と口の前に1本指を立てて静まる様に促します。
そしてアカペラで歌いだしたのは・・

くちぐせ
 初めてライブで聴きました。
 アルバム[YOU]に収録されてるけどエエ曲です♪

そして、彼らのスタイルを地で行ってる様な曲・・・

サムライソウル
 fm802[OSAKAN HOT100]上半期チャートで堂々3位!
 大ヒットになった曲です。
 行き方が不器用でも、真っ直ぐに力強く生きられたら
 いいんじゃないかと歌ってる様に感じます。
 トータスの力強いVoが響き、さらに続くのは・・・

バンザイ ~好きでよかった~
 これも定番ですね♪

MC
今年出演した夏フェスでの感想と、そこで少し寂しい思いをした事を話した後、
「でも、このヤッサの盛り上がりをみたら絶対若いのは焦ると思う!」
そして、
「今日は長い事やるから、ついてこいよー!!」
と盛り上げた後・・・

サンキュー・フォー・ザ・ミュージック
 まさにタイトル通りの曲です。
 歌詞にも「ありがとう音楽」と言う1節がある通り、
 まさに「感謝の意味を込めて」と歌われる曲です。

それが答えだ
 この曲の振りで、ライブに来慣れてるかそうでないかバレるかも(汗

相愛
君だけを

 2曲バラードが続きます。

続いて
「この曲をヤッサでやんのも好きなんよねー」
と紹介された曲は・・・

やぶれかぶれ
 デビュー曲ですね。
 とても短い曲けど、ストレートな曲です。

笑えれば
 大阪在住時の最後の方に聴いた曲です。
 「今日1日の終わりに、ハハハ♪と笑えれば」と歌われる歌詞に
 何度も泣いてました。

メンバー紹介と衣装について。
(紹介は、先ツアー終盤から即興で始まったというブルース調の紹介で。)

衣装については、
ケーヤンは、ショッキングピンクの[つなぎ]
サンコンJrは、ベストとシャツとネクタイ、
さらにはズボンまでが全く同じ柄で出来てる衣装(笑
ヤッサの衣装の中ではイチバンお気に入りらしい。
ジョンBは、花柄のハット(帽子ではなく[ハット]ね)がワンポイント?
「困ったB(一度脱退してその後に復帰してる事から)・Mrファンシー」と紹介されてたし。
この日はジョンBの衣装が過去の衣装を含めてもベストドレッサーとの事、
返すMCでジョンBがトータスの衣装を「今日の松本君は地味だね」とヒトコト。
ちなみにトータスの衣装は白地に赤・青の小さい錨のマークが入ったシャツでした。
ひとしきり笑いを取り・・・
出会いの場となった中津(大阪市北区中津)の[カンテG]の話や、
チャイ・カレー・カンテ茶新聞の話を。

そして「久しぶりに」と紹介されて・・・

いつも元気

僕の人生の今は何章目ぐらいだろう
 この曲は名曲です。
 いつか、この曲をカッコよく歌えたらいいな・・・と思いますね。

ちょうど夕焼けになった頃の
最高のシチュエーションで、この2曲でした。

いやんなる

センターに立つトータスを上手斜め後ろから見てたケーヤン
その背中の向こうに夕焼けが重なったみたいで、
「エエ感じやったわ~」

そしてトータスがケーヤンをステージのセンターへ促します。
[君にささげよう](ケーヤンの曲)を歌うのかな?
と思ったらMCで
ケーヤンの好きなキースリチャーズの[Happy]と言う曲を引き合いに出して、
「今日は僕のアレンジで[Happy]を歌います!」

まいどハッピー(Voケーヤン、G トータス)
 おぉーやった!(嬉
 ある意味「A・A・Pのテーマ」に繋がる曲かな?
 いい意味でチカラの抜けた曲で好きです♪

歌い終わると、
トータスが上手のGの立ち位置から、センター後ろのDrの位置へ。
今度はサンコンJrがステージセンターに出てきます。
歌われた曲は・・・

男の中の男(Vo サンコンJr、Dr トータス)
 まさに「決まった!」て感じでしたね。
 トータスのDrもしっかりと決まってました。

トータス・サンコンが定位置へ。
そして5人目のウルフルズ、ミッキーも歌います。

ひだまりの中で(Vo ミッキー)
 初めて聴いたけど、ミッキーとトータスのハーモニーがキレイやった♪

そしてそして・・・
『まさか歌わヘンやろ~~(汗』
て思った、この人がセンターに立ちます!

Let’s Go Monday(Vo ジョンB)
 思わず『おぉ~~』て唸ってしまった(汗
 でも曲の2番で、
 「げーつーよ~びは!」 「○○○(←Vo以外が持ちまわって歌います)」
 「かーよーお~びは!」 「△△△」
 「もーくーよ~びは!」 「□□□」 
 あれ?水曜日はどこいった??
 他のメンバーは演奏しながら「しゃーないなぁ(笑」てニヤけた表情してました。
 結局、もう1回「もーくーよ~びは!」と木曜日が2回続きました(笑)

後のアンコールの時のMCでトータスが「ヤッサはお祭りやから♪」
と言う事で、今回のVoシャッフルをやったそうです。


文字数の関係からその2に続く




関連記事
[ 2006/08/26 00:00 ] ウルフルズ | TB(0) | CM(0)

【THE ALFEE】 デビュー記念日 06/08/25

8/25は[THE ALFEE]のデビュー記念日です。
デビューして32年です。
すごいですねぇ・・・。

デビューからの経緯なんかは、
Wikipediaの[THE ALFEE]
( http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_ALFEE )
を見ると簡単に書いてあります。

誰もが知るヒット曲としては[メリーアン(83年)]が有名ですけど・・・
『こー』が知ったのは、その1~2年くらい前です。
近所のお姉さんが当時[Alfee]の大ファンで、
遊びに行くと必ずレコードが流れてて、自然と興味を持った感じ。
当時は既に口コミなどで知名度はそれなりにあって、
ライブでの観客動員もあったけど、ヒット曲だけが無かった状態らしい。
『こー』が自身で初めてチケットを取って行ったのは、
ちょうどブレイクする直前の、83年5月29日藤沢市民会館のライブ。
当時は鎌倉に住んでたんで、バスに乗って行きましたよ♪
ヒット曲が無くても、聴いてもらう為に地道に全国を回る。
大きいトコだけやなく、小さいトコでもライブをやっていてくれたからこそ!
小さい『こー』でも身近に観に行く機会があったと、今でも感謝してます。

82年から続いたこのツアーは合計で100本以上回ったそうで、
このツアーファイナルが83年8月24日の日本武道館、
ファンの間で大騒ぎしてたのを傍で見てました。
と言うよりも、その意味が判んなかったんですね(汗
ヒット曲が全くないまま、初の日本武道館公演を満員にした3人さん、
時期を同じくして83年6月に発売されていた[メリーアン]が大ヒット、
これでメジャーシーンに出てくる事になります。

3人さんは最初のデビューが74年なので、
ここまでで実に10年かかってます。
この頃のTV番組で「10年、長い下積みでしたよね。」て話した聞き手に対して、
「下には積んでません。10年間ひたすら上に積んで今があります。」
て話してたのを見て『こー』は感激して泣いた事もありました(泣
ベストテン・トップテンでは、良くコンサート終演後にTV中継が入って、
ライブで演奏していた様子を見てました。
その会場の様子を見て『もっと観に行きたい!』て言ったりして(笑
そこに客席の盛り上がりや、会場の一体感を感じたんだと思います。

その後は、年に10本以上ひたすら行き倒した時期が続いたと思えば、
自身の中で多少優先順位が入れ替わって、年に1~2本の時期もあったけど、
ここ2・3年でまた1位に復活してますね(笑
今でも気になるし、ライブに行けば自然とカラダが動くし♪
追いかけたいし応援したいアーティストです。

いろいろ書き始めると止まらなくなりそうなんで、
この辺にしときますけど(汗


ステージ上では、あれだけ元気な3人さんですけど・・・
考えてみれば齢50を過ぎてるんですよね。
カラダにもガタが来ない訳がない(汗
いろいろとやってもらいたい事や、ガンバってもらいたい事もあるけど、
無理せずにやって行ってもらえたら・・・
それでいいです。
とりあえずは10月からの秋ツアー!!
ここで精一杯応援したいと思います♪

関連記事

【THE ALFEE】 夏イベから1週間・・・

[夏イベ](12日13日)から1週間経ちましたねぇ。。。
肩痛もすっかり癒えました(汗

今年も[夏イベ]に併せて、いろんな企画がありましたね・・・

 ・THE ALFEE列車
 ・記念パスネット発売
 ・横浜港の遊覧クルーズ
 ・馬車道駅でのポスターギャラリー開催

改めて、ここで取り上げた[夏イベ]関連の日記を一覧にすると・・・

7/27 THE ALFEE列車
 
8/05 記念パスネット

8/10 赤レンガパークへ行こう!&馬車道駅ギャラリー!

8/11 明日に迫った・・・

8/12 夏イベ1日目 Only One Night!

8/13 夏イベ2日目 Next One Night!

8/14 夢の跡・・・

8/17 馬車道駅ポスターギャラリー


まぁ・・・良くこれだけ書いたなぁ(汗

徹夜の仕事が明けてから、探しにいった[THE ALFEE列車]
仕事行く前に長蛇の列に並んだ[パスネット]
遊覧船には乗らんかったけど、
馬車道駅にはライブ初日を含めて4度、足を運び・・・。
会場にも下見1回、ライブで2回、ライブ翌日に1回と4回。 
これほどまでに『見ておこう・残しておこう』と思ったのは
・・・今思えば珍しい。

今回、久しぶりに参加した[夏イベ]やった事、
そして春ツアーのMCで「節目」と強調された事なんかも、
そんな気持ちにさせたのかも知れないね。


そして、誰かに連れて行ってもらう事の方が多かった『こー』が、
今年は誰かを連れて行ってる、と言うのも・・・珍しい。
しかも、ほんの2・3ヶ月前までは、
[THE ALFEE]に興味なかった方を連れてるし(汗


正直、連れて行く方としては冒険でしたよ(汗
アルコンの「ノリ」って・・・
始めての人にとっては、キッパリと2分されるよね。
あのノリについていけないから面白くない」と感じるか、
あのノリが面白い」と感じるか。
でも、連れて行った方は幸いにして後者だった様で、
とても楽しめてもらえた様で良かったです(泣


個人的には、まだまだ心地よい満足感と虚脱感に浸っていたいけど・・・
そうは行きません。
そろそろ現実に戻らないといけないし・・・
何よりも、10月からの秋ツアーに向けて予定を立て始めないと(笑

既に全日程が発表されてるし、
公演の3~2ヶ月前と言う・・・
絶好の飽きさせず待たせすぎずのタイミングで先行受付も始まってます。
他所のアーティストやと上手く行かんネン。。。
今回、連れた方も既に秋ツアーに行く気いっぱいの様子で、
『こー』が引っ張られてる勢いです(汗 
夜中にショッ●ーが改造してんねんで、きっと。。。(笑

[秋ツアー]も数回、参加したいと思うてますし、
既に2ヶ所、申し込みをしていて当落の結果が気になる所です(汗
そして、まだ半分以上の公演はこれから発売・・・
どこへ行こうか、じーっくりと考えたいと思います♪

これからもネタは尽きないねー。

関連記事

【THE ALFEE】 馬車道駅ポスターギャラリー

25回目の[夏イベ]を記念して
[みなとみらい線 馬車道駅]で行われていた
ポスターギャラリーが終了しました。

今年の会場である[赤レンガパーク]へ向かう時に
馬車道駅を利用した方にとっては、
ホームから改札へ上がる所、そして改札口から出口へ向かう所にあった
過去25回分のポスター(一部はパンフの表紙)は、
大いに気分を高めてくれた事と思います。

ポスターに関しては、メモリアルチケットと一緒に入っていた・・・

ひょうし.JPG

中を見ると・・・.JPG

これを見れば分るけど、
それ以外に、過去横浜で行われた10回分については・・・


3 70.JPG

4 70.JPG

7 70.JPG

9 70.JPG

10 70.JPG

13 70.JPG

15 70.JPG

18 70.JPG

22 70.JPG

23 70.JPG


その時のライブの写真も飾られていましたよね。
(画像は小さく加工しました。)

『こー』は、84年は、経済力が無かったので行ってなくて、
(84年は行ってたと思ってたけど85年と勘違いしてました/凹)
99・03・04年は、自身の都合で参加してないけど、
それ以外のものは写真を見ただけで、ちょっと感動(泣
懐かしかったし、嬉しかった♪

また将来「●●回記念」と言う、
何らかの企画やイベントが行われたら嬉しいね。
P3や主催者にはガンバってもらいましょう♪

この企画の為に駅を提供してくれた横浜高速鉄道さんにも感謝です。


関連記事

【THE ALFEE】 夏イベに隠れた感があるけどアルバムが・・・ 06/08/15

ちょっと[夏イベ]に隠れた感がありますけど、
実は、アルバム発売の発表もされてたんですよね。

3年ぶりのオリジナルと強調してるね。
『・・・』(←思い出せずに居る『こー』)
『!』(←何か思いだした)03年の[Going My Way]以来?
(もう少し考えて・・・)そか、それ以降のアルバムは・・・
04年 大阪国際女子マラソンのテーマソング集
04年 シングルベスト
そして去年のはオリジナルと言うよりは、
ヒットソング集と言う色が強かったし・・・
オリジナルアルバムと言う点では3年ぶりか。
ようガマンしたな~・・・自分(笑

て、コトは・・・秋ツアーはアルバムからの曲もやる?
そうなら嬉しいね♪
期待して待っときましょ♪

そして恒例の夏イベライブDVDも出ますね~。
今回のセットリストを見る限り・・・
アルコンに慣れてない人なら、
2日目の[Next One~]から見るといいかもね。
普段からライブでやる曲が殆どで、
しかもEDを飾る曲が目白押し。
その後に、初日の[Only One~]を
経験値を積む意味で見れば・・・いい流れかな?


3人さんについては、この後も何かと続きます。

10/0806 秋ツアー開始(12/29まで)
10/25 ニューシングル発売
11/22 ニューアルバム・夏イベライブ写真集発売
12/13 夏イベライブDVD発売

既に秋ツアーの先行郵振が始まってるし、
さらにシングル・アルバム・DVD(写真集はパス)
・・・何かとお金が出て行くなぁ(泣
気持ちを切り替えて、がんばらな!

関連記事

【THE ALFEE】 夏イベ翌日、夢の跡・・・

今日は、お見送りの日でした。
全国各地から[夏イベ](12日13日)の為に集まった方々が、
横浜を離れ、それぞれの場所に戻って行く日です。

『こー』は新横浜駅で名古屋・大阪に戻る方をお見送りしました。
寂しいけど、次の夏イベでまた会えますよね、
年末の武道館とか、城ホールとかでも・・・(泣
そんな思いを抱えながら[夏イベ]の会場まで行って来ました。

今日は馬車道駅ではなく桜木町駅から歩きました。
スタートは・・・

汽車道入口.JPG

ここです。
後ろには・・・

ランドマーク.JPG

足元は・・・

汽車道.JPG

[汽車道]と言い、昔の貨物線の跡です。
これを辿りながら歩きます。
途中、上を見ると・・・

カモメ.JPG

カモメが一休みしていました(笑
10分ほどかけて、ゆっくり歩くと・・・

汽車道出口.JPG

こんな景色になります。
正面を見ると・・・

ヘリオスから拡大.JPG

この風景に気分が高まった人も居たと思いますし、
まさに[汽車道]の線路が会場へと続く道標でした、
会場は正面に見える赤レンガ倉庫の奥でした。
さらに進み・・・

グッヅ売場.JPG

グッヅ売場横.JPG

グッヅ売場があった所です。
テントが3列に分かれて並んでいました。。。
『こー』の知合いはグッヅを買うまで40分以上並んだそうです。

この奥に進むと・・・

中庭から.JPG

前々日に訪れた時には大きなステージが組まれていました。

赤レンガ倉庫の外側を半周して・・・

入口を遠くから.JPG

入口.JPG

ここに入場口がありましたね。
その脇には・・・

はな.JPG

たくさんの楽屋花が並んでましたよね(寂

入場して・・・

入口からステージ.JPG

ステージを見て、さらに気持ちが高まったのを思い出します。
ちなみに・・・

1日目の位置.JPG

初日はこの辺りから、2日目は・・・

2日目の位置.JPG

ここから、遠くのステージを見ていました。

客席のイチバン後ろまで行ってみると・・・

客席最後尾から.JPG

ちなみに10日に、ほぼ同じ場所から撮ってるんですけど、
その時は・・・

PIC_0069.JPG

これだけ変ってしまうんです。。。
ライブ翌日なのに面影は何もないと思ったけど・・・

芝に残る跡.JPG

芝には客席の跡が残っていました。
思い出すと、寂しくて泣きそうになってしまいました。

客席を突っ切って、ステージのあった所まで行ってみます。
そこには・・・

ステージの真下.JPG

ここにステージの土台か何かがあったはずなんですけど、
昨日まで、ここにステージがあったとは思えないですね。。。
左を向けば・・・

あれが・・・.JPG

「あれが赤レンガ(倉庫)だよ♪」と明るく囁かれた(笑)
赤レンガ倉庫が見えます。

正面を向けば・・・

ステージから客席.JPG

ステージの高さには及ばないけど、
できるだけ3人さんの立ち位置に近づいた状態で撮ってみました。

ステージから客席を見ると、こんな感じです。
一昨日・昨日、3人はこの場所のもう少し高い目線から、
満員に埋まった客席を見ていたんですよね・・・
とても感慨深く、そして寂しくもあり。
夏イベの後って・・・いつもこんな感じですね(汗
何かの機会に訪れて懐かしく思い返すんです。
この場所も、そういう所になります。

2日間の間、ついに来年については何も言わなかったけど、
来年は・・・20年前にファンやった方ならお判りと思いますけど「約束の年」です。
来年になって『去年が最後だったんだ・・・』では寂しすぎる。
年に一度、大人数で集まって、
その場所・雰囲気・思い出を共有できる機会を作ってもらえないかと思います。
場所は地方でもいいでしょうし、1Daysでいい・・・
実現に向けてガンバってもらいたいです。

今回、実に93年の千葉マリンスタジアム以来、
[夏イベ]に参加した『こー』。
ずいぶんと長い間[夏イベ]から離れていたけど、
チケットの件も含めて様々な方のお世話になりました、
ありがたい事です(泣
そして今回お近づきになれた方は、またの機会があります事を。
そこまでは行かないけど、きっかけくらいは作れた方は、
次は『初めまして』とご挨拶できます様に。

秋ツアー、そして来年の夏イベでお会いしましょう。



関連記事

【THE ALFEE】 夏イベ2日目 Next One Night!

[THE ALFEE]25回目の夏イベ
YOKOHAMA STAR-SHIP 2日目
[Next One Night]
行ってきましたぁ~♪

2日目.JPG

2日目うら.JPG

・・・もうね、すご過ぎ。
あまりにも良くて、覚えてられヘンくらい(汗
行けて嬉しかったです(泣

連れた子も開場中の客席を見ただけで
「(1日目と比べて)すっごい盛り上がり!」と驚いてたみたい。


以下、セットリストと個人的な感想を。
友達や知合いと合せたモノですが、
何せ記憶が飛んでいるので、自信はありません(汗
いろいろとコメントなどで突っ込んでやって下さい(笑


初日同様に、青地に赤文字で
  THE ALFEE 25th  
と縦3段に書かれたビックフラッグ
(サッカーの客席なんかで出てくるヤツね)
が、客席のイチバン後ろから現れます。
それを客席前方(花道前)まで運び終えると、メンバー登場!
この日は、タカミー1人がセンターステージに。

Heart Of Justice 
 この曲はライブ中盤~終盤を繋ぐ場面で使われる事が多いけど、
 OPで聴いたのは初めてで、とても新鮮に思えました。
 タカミーのハイトーンVoが響き渡り・・・

恋の炎
 坂崎さんVoの曲が続きます!
 場内のボルテージも上がる上がる♪

ジェネレーションダイナマイト
 桜井さん力強いVo、
 この時点で既に盛り上がりは最高潮か?

FLOWER REVOLUTION
 ステージ・客席が一体となってJUNP!JUNP!

(MC 坂崎さん)

シンデレラは眠れない
風曜日、君をつれて

 ごめんなさい、この2曲は全く予想外でした(汗

二人のSEOSON
 「♪~耳元でささやく・・・」は、
 「あれが赤レンガ(倉庫)だよ♪」でした。
 客席は爆笑でした(笑

(MC 3人 タカミーの第一印象などを話しました。)

Musician
 今日は歌うと思っていた曲でした、
 坂崎さんのAGが静かな会場に響きます。
 『ホロッ』と泣けてくる曲です。

Pride
 桜井さんのVoが響きます、最高やね♪
 ちょうど観光船の入港と重なったのが少しだけ気になった。

祈り
 うーん、この曲は・・・
 この日には要らんのとちゃうかな(汗

(MC タカミー)

ROCKDOM ~風に吹かれて~
 夏イベにこの曲は合います。
 「♪~俺たちの時代を忘れないで、風に吹かれていたあの頃・・・」
 港ヨコハマに響くタカミーのVo、最高です♪

SWINGING GENERETION
終わりなきメッセージ

 この流れはライブでは定番ですねー♪
 
LIBERTY BELL
 『こー』は、この曲には「秋ツアー」のイメージがあるんですよね。
 予想が外れた曲でした(汗
  
THE AGES
 今日の組曲(笑)はこの曲でした。

TIME AND TIDE
 演奏が終わって思わず
 『かっこええわぁ・・・』と呟いてしまうくらい、良かったです。
 大事な時にしか歌われない曲、泣けてしまいました。


EN1

STAR SHIP
 今年の夏イベのタイトルチューン(笑
 2日目はこの場面で歌われました。

ロンリーガールを抱きしめて
 全く予想外(汗
 この曲でテンションを上げて・・・

Juliet
 何も言う必要はないでしょう♪
 出し惜しみなしのセットリストが続きます。

歌い終わるとタカミーがセンターステージへ移動し始めます。
その時、客席に向かって
「久しぶりにこの言葉を言っちゃおうかな~(「叫んじゃおう」やったかな?)」
さらに
「(その言葉は)なーんだ?」
とイタズラっぽく客席に問いかけます。
『そんなん[ラジカ●~]しかないやん♪』
センターステージに着き、タカミーが叫びます。
「永遠にー!ラジカル・ティーンエイジャー!!」

ラジカル・ティーンエイジャー
 「♪~涙をふいて立ち上がるのさ、
    時代を創れラジカル・ティーンエイジャー
    感じるままに叫んでみろよ、
    時代を走れラジカル・ティーンエイジャー」
 思い入れいっぱい!の曲です。
 夏イベで聞きたかったし、歌いたかったこのフレーズ、
 聴けた事、歌えた事に感動してボロ泣きでした。

3人がセンターステージへ集まります。
客席は「何が始まるんだろう・・・」と言う感じで、
静かに次を待ちます。
やがてアカペラで「♪~星空の下の~・・・」

星空のディスタンス
 出だしはアカペラです。
 野外で周りには反響させるモノが何も無いと言う状態ですけど、
 センターステージ(Cブロック辺り)から、
 『こー』の居たHブロックまで、はっきりと聞こえました。

 他のアーティスト(特に若い人ね。。。)でも、
 叫ぶか怒鳴れば声は届くでしょうけど、
 3人アカペラで見事に客席後ろまで届かせる事が出来るのは、
 そう居ないです。

SWEAT & TEARS
 2日目も本編かENの、どこかで使われると思ったけど、
 ここで使われました。
 今年のタイトルチューン[STAR SHIP]と共に、
 2日間歌われた曲でした。
 逆に言うと、それ以外は総入れ替え♪
 これがあるから2日間共に外せない!

EN2

OVER DRIVE
 この曲のOP、AGのフレーズが流れ始めると、
 思わず泣けてきます(泣
 そして、この曲に続く曲と言えば・・・

夢よ急げ
 演奏後のMCでタカミーが、
 所沢での初めての夏イベの事を感慨深く話してました。
 
 ここまでのリストを見ると・・・
 普段からEDに使われる曲が既に多数歌われました。
 それでも、この日のオーラスを飾る曲と言うのは、
 皆で意見が一致していたりします。

SINCE 1982
 [See You Again]もあるけど、
 今回は、この曲以外考えられない!
 タカミーは歌いながら、涙ぐんでた様に見えました。

歌い終わってSEが流れ、
3人が上手花道→下手花道→センターステージと周り挨拶。
さらに客席に降りて、下手側の外周を客席とハイタッチしながら半周、
最後は客席最後方に作られている[ひな壇]から客席に挨拶をし、終了です。
開演:18:00 終演21:10 でした。


82年に始まり、25回と言う節目を迎えた夏イベ。
春ツアーでは今年の夏イベが「節目」であると、
ちょっと強調して話されていた様に思えました。
2日目にこれだけのセットリスト、来年以降については2日間で全く明言されず。
漠然と『もしかしたら・・・』と言う不安があります。
でも、ツアーや音楽活動は続けていくと力強く話してくれたので、
それに続く事として、夏イベもやってもらえればいいです。

夏イベと言えば、最後に花火が上がるけど、
この日も[SINCE 1982]の後にステージ後ろから打ち上げられました。
センターステージに居た3人も客席と同じ方向を向き、花火を見ていました。
その後姿を見ていたら、泣けてきちゃいましたよ。。。
3人や友達・知合い、他多くのアル中さんと、
25回目と言う節目の会場で同じ花火を見た事・・・
忘れられないです。
また来年の夏も、野外と言う場所で見られたら嬉しいかな。


以下、8/14のスポーツ新聞各紙での記事です。
リンクは張ってませんので、アドレスをコピペして飛んで下さい。

ニッカンスポーツ 「アルフィー恒例の野外ライブで熱唱」
 http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20060814-75339.html
スポーツニッポン 「アルフィー 25回目の夏恒例ライブ」
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/08/14/07.html
サンスポ 「アルフィーが25年連続25回目、25曲の夏ライブ!」
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200608/gt2006081405.html
スポーツ報知 「アルフィーたっぷり全25曲メモリアル演出」
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060814-OHT1T00047.htm
東京中日スポーツ 「赤レンガで全開 25年目夏ライブ」
 http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20060814/ftu_____tkhou___004.shtml
デイリー 「THE ALFEE 25年目も派手にノリノリ」
 http://www.daily.co.jp/gossip/2006/08/14/0000089312.shtml



初日の様子はこちらからどうぞ
関連記事

【THE ALFEE】 夏イベ1日目 Only One Night!

[THE ALFEE]25回目の夏イベ
YOKOHAMA STAR-SHIP 1日目
[Only One Night]行ってきました。

初日.JPG

PIC_0019.JPG

心配された天気予報は、
「昼過ぎから雨、所により雷を伴い激しく降る」
と言うものでした。
案の定、昼過ぎから雷が鳴り始め、
間もなく雨。。。
その時のリアルタイムレーダーは・・・

11-0.jpg

こんな感じ。
水色→青→緑→黄→オレンジ→赤と、雨量が示されていて、
水色は弱い雨、赤色は激しく雨の降っていた所です。

既に会場に着いている人と、この時に会場へ向かっている人にそれぞれに、
雷雲の接近情報や、雷雲の影響で混乱している道路状況・
さらには列車の運転状況と振替輸送について、
いろいろな情報を提供していました。
それらが全て先方に届いたのを確認してから出発しました。
家を出ると雨で真っ白、路面は・・・

どしゃ降り.JPG

雷は鳴るしイナビカリも走る、と言う状態でした(汗

横浜駅で待合せた人と合流し、馬車道駅から会場へ向かう途中と、
会場に着いた時には、ポツポツと小雨がパラついてました。
それまでの雷雨の影響で、ステージ・会場問わずにズブ濡れ。
開演前のステージ上でクルーの方も何度か滑るか、転ぶ状況を見かけましたし、
座席も、足元も芝生の所なら『ちょっとねぇ(汗』と言う状態。
リアルタイムレーダーを見ると雲行きは微妙・・・
とりあえずカッパを着て、備えます。

でも、徐々に天気が回復し、
開演する前には雨も止み、開演してから間もなくすると、
キレイな夕焼けが見られるほどでした。
雨の中でのライブを覚悟していただけに、
正直『ホッ』としました(嬉

逆に、その天候回復がちょっとだけ拍子抜けやったのか(?
はたまた嵐の中でのライブを決めていたのか、
途中までタカミーは気合が入らない様に見えたのは『こー』だけでしょうか(汗


以下、セットリストです。
両日共通の演出などは2日目に書きました。


Victory
 夏イベと言えば旗を振らないと(笑
 [Wing~]と思ってただけに、久しぶりに聴けて嬉しかった。
 『こー』は横浜FCとのコラボフラッグを持参しました♪
 タカミーが出てきてすぐに滑った?(汗

不良少年
 『あれ?』と思う選曲。
 
JOURNEY
 桜井さん・坂崎さんと続いたので、
 もちろんタカミーの出番です♪
  
Stand Up Baby
 ここまでノリノリの盛り上がる曲が続きます♪
 「♪~Get Up!Yeahー!!」

 (MC 坂崎さん)

NEVER FADE
 前奏の時にタカミーが後ろ向きに転ぶハプニング、 
 その時にギターがアゴを直撃!演奏止まっちゃいました(汗
 「痛ってー~、まさかエンジェル(ギター)に叩かれるとは思わなかったよ(苦笑」
 いやいや・・・
 ちょうど歌いだそうとしてた桜井さんを気にかけてあげて(汗

 まぁ、笑い話に出来る様なら大丈夫♪
 坂崎さんと桜井さんも手伝って、タカミーの立ち位置付近を拭いていました(笑

冒険者たち
 今日は拳を振り上げる曲が続きます。
 歳のせいか(?)
 この辺りから右肩が痛く・・・(汗

メリーアン
 桜井さんも、この前奏でコケそうになります(汗
 演奏しながらもビックリした様子で足元に視線を落とし、
 そして「♪~夜露に濡れる~」ではなく
 「♪~夜露に濡れた~」と出だしを歌いました。
 まぁ、ネタに出来たくらいなので大丈夫やったんでしょう。

 (MC 3人)

My Truth
  
ONE
 春ツアーで聞けた曲なので、この日はちょっと・・・と思ったけど(汗

I Love You
 
 (MC タカミー)

太陽は沈まない
 「太陽が沈まないなんて歌ってたら今どき流行らないって(笑」
 知合いからコケにされた曲なんです(怒
 『こー』は、ここ数年のシングルの中でも特に好きな曲です。
 「♪~言葉より大切なことは、ただ自分を信じる力
    声にならない叫び今こそ 明日の夢に変えて~♪」
 この歌詞が好きやし、
 ここで手伸ばして手拍子するのが、お気に入りです。 

戦場のギタリスト

裏切りへの前奏曲

幻想
 『春ツアーのまんまかい(汗』と密かに突っ込みます。
 でも、これだけ大きなステージでこの曲の照明演出を見ると圧巻です。

GATE OF HEAVEN

平和について
 ここまでの2曲はちょっと間延びした感が。

On The Border
 当時はちょっと賛否が分かれた曲やった気がする。
 『こー』は一体感が生まれるこの曲、ライブで聴きたいと思う曲です。


EN1

GREAT VECATION

夏のTAWAGOTO

やさしい黄昏

HEARTBREAK LONELY RAIN

 OPは[誰よりも~]
 『やられたー(笑』て感じでした。

以上、踊れなくなった[BEAT BOYS]の曲が続きました。
踊れなくてもメッチャ嬉しかったですね(泣

STAR SHIP
 今年の夏イベのタイトルチューンはここで歌われました。

夜明けのLANDING BAHN
 てっきり来年までお預けと思うていたので感動(泣

EN2
 (MC タカミー)

SWEAT & TEARS
 「ライブ魂を賭けて!」と紹介されました。

終演21:05頃で、
スクリーンには[SEE YOU NEXT STAGE]の文字。

『こー』は久しぶりの夏イベやったからなのか、
その感覚を取り戻せないまま終わった感じです(汗
後は、翌日にどれだけ入れ替えてくるのか、
それが気になったリストでした。

2日目に続きます。


関連記事

【THE ALFEE】 明日に迫った25回目の夏イベ・・・

いよいよ、明日に迫った25回目の夏イベ(の野外イベントね)、
『こー』は実に97年の稲毛海浜公園以来の夏イベ、
客席から見る夏イベとしては、93年の千葉マリン以来(大汗
まだ前日やのに、今から待ちきれない状態です(笑

今日の午前中からは「横浜に着いたよ!」との連絡が届き始めました。
『ようこそヨコハマへ♪』

今日の横浜は、あいにく曇り空ですけど・・・
その分だけ気温が上がってないので、動きやすいと思います。
会場近辺を散策するも良し、
ヒトアシ先に会場の下見をするも良し、
明日は忙しいと思うので、今日のうちにヨコハマを堪能するも良し、
明日からの2日間に備えてノンビリするも良し。
人それぞれと思いますが、
とにかく体調管理だけは十分にしておいて下さい。


昨日のブログに会場の様子を少しUPしてますけど、
載せきれなかった分を少しだけ紹介します。

後ろから×2.JPG

ステージを後ろから見た所です。
場所は対岸の大桟橋・山下公園へ続く遊歩道です。
場所はマピオン参照

さらに・・・

大桟橋から4.JPG

[大桟橋(おおさんばし)]から見た様子です。
倉庫手前の鉄骨がステージで、
その手前の[シーバス]が接岸している所が、
夏イベ当日の「横浜港クルーズ」の船が出発する桟橋です。
場所はマピオン参照
(クルーズの詳細は http://www.kyodoyokohama.com/20060812alfee_yokohama.asp )


今日の夜は、最後の照明リハなどが行われるはずです。
ネタバレを好まない方は、
会場に近づかない様にしましょう。

横浜は、明日・明後日と天気がイマイチみたいです。
両日とも予報は 曇りのち雨
雨の降る確立も、午後~夕方・夜にかけての方が高く、
今の予報のままならば、開演中は雨対策が必要になりそうです。
会場周辺のお店では品薄・売切れになる恐れがありますので、
事前に用意してから、お越しになる事をお奨めします。

明日・明後日は思いっきり盛り上がりましょう。



関連記事