FC2ブログ





(追記) 【ライブ】馬場俊英@泉の森ホール(ツアー初日)

横浜発→東京・大阪・和歌山経由・・・

101113-馬場さん@泉の森 (1)

熊取、訳分らん行程で、ここまでやって来ました。
同駅から路線バスで7・8分、そこから歩いて10分弱・・・

101113-馬場さん@泉の森 (2)

やっと着いたという感じの[泉の森ホール]です。
泉佐野は・・・横浜からは遠かったよ(汗
と、言う事で・・・

101113-馬場さん@泉の森 (3)

馬場俊英 LIVE TOUR 2010
「悲しみよ、明日の星になれ」ツアー、
その初日に行ってきました☆

感想は、ツアー初日ならではの・・・
(ツアーが進めば慣れてスムーズになる)と言う事と、
ライブ中はずっと声が少しシンドそう(乾燥と埃っぽかったかな?)
そんな感じはあったけど、
十分盛り上がったし、楽しかった。
ただ、全体としては前のアコースティックツアーが、
『 こー 』にとっては抜群に良かったので、
それと比べてしまうと・・・まだ上回れていないというか、
前ツアーほどの魅力や良い雰囲気は、感じられなかったです。

ツアーで歌い込むにつれて良くなっていくやろうし、
そうなっていって欲しい曲もあるので、
次に参加した時にどう感じるのか、楽しみが増えた・・・
と、言う風に捉えたいと思いますが、
「次」がファイナルの予定なのが(汗
もう1回、どこかでタイミングが合えば見に行きたい。

セットリストに関してはどうなんやろうな~・・・(悩
中盤の流れは好きやし、初めて聞けた曲も多かったのは良かったけど、
最初の3曲で最近の定番が並んだ時点で、
プロモ関係の曲が多くない(であろう)ツアーの中で、
『今回は(アンケートでの)“お目当ての曲”が多くなるのかな・・・』
なんて思って、実際にその印象になった。
先の曲が何となく読めてしまうし、
いい意味で裏切られる事やサプライズ感がほぼ無く、
『 こー 』としては、ちょっと面白味に欠けた。

あとは、『 こー 』が行き始めた頃や、
それ以前のライブで感じられた(と先輩ファンが良く言う)
「ゆったりとした雰囲気」や「気軽に聞きに行って、気楽に楽しむ。」
というのを、最近あまり感じられなくなってると。
今回も最近ついたイメージからの曲が多いな・・・と。
(例えば“リストラの星”とか“中年の星”とかというイメージですかね。)
それは、浅かれ深かれ多少でも悩みや不安があれば共感できるし、
そのへんは『 こー 』も否定しないし、別にキライやないけど・・・
どうも「イメージから作った曲」と感じるし、「堅い」「重い」とも思う。
そういう曲が多くなると気軽に聞けないし、気楽に楽しめないんですよね。

最初に『 こー 』が馬場さんのCDを聴いて
感じた歌の魅力は「そこ」じゃなくて、
それこそ、馬場さんが何気なく感じた日常を何となく歌っている・・・
そういう所に気付ける良さと、そこから醸し出される全体の雰囲気がいいと。
前のアコースティックツアーでは、そういうのが良く感じられたんですけど、
それは選曲でも演奏でも演出でも進行でも、かなり自由度が高くて、
それこそ「馬場さんが歌いたい曲を数多く唄っていた」からでは、と感じています。

プロモーションに関連した選曲があるのは仕方ないし、
(これは後ろ向きな意味じゃないですよ)
アンケートなどでの「聞きたい曲」「お目当ての曲」「印象に残った曲」が
多く選ばれるのも、ある程度は仕方ないと思うけど、
求められる曲と歌いたい曲を半分づつ・・・とか定番化してくると、
個々の曲では良かったと感じられても、
ライブ全体としては面白味に欠けるものになってしまわないかと。
だんだんと、そうなって行ってしまわないかと不安も感じています。
年に何回もない機会だし、いい意味で裏切って欲しいし、
「何か」に捕らわれ過ぎないで居てもらいたいとも思う。

ちょっと分かりにくいし、抽象的に書いている所もあるし、
気に入らない事を書いているかも知れないけど、
あくまでも私見なので、その辺はご容赦くださいな。


ここまで 2010年11月14日 22時02分 初回UP


セットリストと『 こー 』なりの感想を少し・・・
こちらのページにUPしています( http://plaza.rakuten.co.jp/tanukineko/14016 )

上の行をクリックすると移動します。
リンク先は現在進行中のツアーの「ネタバレ」を含む恐れがあります、
ご注意下さい。


最終更新時に追記・一部画像入替・追加など


~ ランキングに参加してみました ~ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/11/13 00:00 ] おんがく | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://50ku7101.blog.fc2.com/tb.php/120-c2dccfe6