FC2ブログ





[コブクロ] 21STREET終了へ

[21STREET]が再来週をもって終了します。
前身の番組から含めると4年ですか・・・
関西での[コブクロ]人気を押し上げるのに、
多大な影響を及ぼした番組でした。

「番組が終わる」と言う話を金曜の夜にメールで知り、
さっきネット放送で確認しました。
終わるのは残念、でも終わる事について特に驚きは無かったです。

それは、これから先を考えた時に、
どうしても[コブクロ]に付いて回る[大阪(あるいは関西)]のイメージ、
ここから、いい意味で脱却できないと先は厳しいと思っていたから。

この番組の生放送
(あるいはフルバージョンとでも言換えましょうか/汗)
が[大阪(京阪神)]でしか聴けないと言う事も、
[コブクロ]=[大阪(あるいは関西)]
そんなイメージに拍車をかけていたのは間違いないでしょう。

元々[コブクロ]の発祥が堺市(大阪府堺市)である事、
そして隣の大阪を中心に
京阪神和で積極的にストリートライブをしていた事から、
今では関西を中心に、圧倒的な西高東低の知名度を描きます。
それは、地盤がしっかりしていると言う事に繋がります。
これは、いい事なんですけど・・・
反面、地域限定のイメージが強すぎる。
その事が、他所では「精神的に受け容れにくい」に繋がる、
と言う事もあるはずなんです。

今まではそれでも、それなりにやって来れたけど、
[永遠にともに]から始まって[ここ花][桜]と続いた上昇カーブ
それはファン層の大きな拡大に繋がりました。
([君という名の翼]は短い間で上位チャートから消えたので、
 この曲がファン層を拡げた印象はないです。)

そしてアルバム[NAMELESS WORLD]の大ヒットに
先のツアーの成功(特に東日本初の大会場となった武道館の成功)
この機に更に全国区へ打って出るには、
[大阪(あるいは関西)]と言うイメージだけが強すぎると、
悪い意味では足かせになると感じます。

今回の関西限定の、そして唯一のレギュラー番組の終了は、
ツアーでの定番やった
[ツアーファイナルは大阪]と言うのが05年から行われてない、
むしろ意図的に避けてる様に感じ・・・なくもない。
と言う事と併せて、
そんな[大阪(関西)限定]あるいは、そこが[中心]と言うイメージから、
いい意味で脱却する1つのきっかけ・・・
そんな感じがします。


・・・て、きっと考えすぎだな(汗


2006年09月17日 00時39分 初回UP
最終更新時にTB設定 (http://plaza.rakuten.co.jp/icoinoba/diary/200609150000/)



関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/09/16 00:00 ] おんがく | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://50ku7101.blog.fc2.com/tb.php/22-297a6e8e