FC2ブログ





更新済 [コブクロ] ファンフェスタ2007 その2

ここから続いてます


アレンジされたOPが流れます。
それに合せて小渕さんが
「Bye Bye Oh! Dear My Lover」とコール、
客席も「Bye Bye Oh! Dear My Lover」応えます。
C&Rを数回繰り返し、そのままバンドメンバー紹介。
(メンバー紹介とC&Rは逆かも?)

B 山田マン
Per スパムさん、ソロの後にヒトコト「マグロッ!」
これには黒田さんとハマゲさんがコケてた、スパムさんいいトコ持って行った(笑
Key 草間さん
G ハマゲさん
黒田さんは「世界に1つだけの花」のサビを少しだけ歌ったっけ。
小渕さん の順にメンバー紹介をし・・・


Bye Bye Oh! Dear My Lover
 これもひっさしぶりに聞いたなぁ(嬉
 もう、いつ以来かも思い出せないくらい。


彼方へ
 前の曲でカラダを温め、ここから飛ばします!
 この曲の「♪彼方へ~」の所、黒田さんが遠くを指し示すポーズをするけど、
 客席もやってる人多かったねぇ♪このまま定着しそう☆



 このブロックには、この曲がないと☆
 みんなでサビを歌うのが好き。
 でもでもない、ライブにはこの曲があって欲しい!


ストリートのテーマ
 唄いだしのタイミングがズレるハプニングがあったけど、
 そこは、少しだけ余計にAGをかき鳴らして取り戻します。

 恒例のC&Rがあるけど、
 いつもの客席右半分「小渕スタンド」、左半分「黒田スタンド」ではなく、
 右を「小渕ホエール」、左は「マグロ」・・・せめてチームマグロとかにして(笑
 ちなみに『こー』は「マグロ」でした。

 まずは右側から・・・
 小渕さん「小渕ホエールも一緒にー!」 客席右「小渕ホエールも一緒にー!」 
 小渕さん「歌ってくれませんかー!」 客席右「歌ってくれませんかー!」
 けっこう盛り上がる小渕さん側に触発されたか・・・
 黒田さん「マグロも僕らと一緒にー!」 客席左「マグロも僕らと一緒にー!」
 黒田さん「歌ってくれませんかー!」 客席左「歌ってくれませんかー!」
 黒田さん、メチャクチャいい声で歌うてました♪

 続いて2コール目、右は・・・
 「カジキマグロも一緒にー」 「歌ってくれマグロー!(笑」
 これに黒田さんが対抗
 「キハダマグロも一緒にー」 「歌ってくれませんかー!(笑」
 盛り上がったねぇ、
 普段はあまりないけど、こんな具合にアホになってもエエんちゃう(笑

 「いったん解体(笑」と、マグロの解体ショーに掛けた小渕さん、
 ここからは会場全体で・・・
 「和歌山、僕らと一緒にー!」 「歌ってくれませんかー!!」
 当たり前やけど、同じ人で同じ会場に集まる事って2度とないんだよね・・・
 そう思うと終わるのがイヤやし、ずっと繰り返して歌っていたい。
 「声かれるまで手を叩いて~・・・(溜めて溜めて)さぁー~~~~」
 このかき回しもキマった☆
  
 精一杯盛り上がって本編終了。


『こー』はちょっと気になったモノを確認しに中座。
2階のバルコニーへ行くけど、チラホラ人が集まっているのが見えるけど、
確認したかったものを見る事は出来ず(汗
すぐに席に戻ります。
アリーナを出る時には手拍子だけの会場も、ものの2・3分で
「朝まで僕らといっしょに歌ってくれませんか?」の大合唱。
「コブクロー!」の合いの手は打たないで、一緒に歌って欲しい。


~アンコール~

FFの白いTシャツを着て登場。
「ファンフェスタ特別バージョンです!」
と言って始まったハワイアン調のイントロ・・・
何の曲かさっぱり判らず(汗
「しわくちゃの~」と聞こえ「えぇ!!(驚」

君と言う名の翼(白浜バージョン)
 歌いだすまで判らんかったと思う、それくらい全く違う曲。
 ずいぶんと思い切ってやったなぁ・・・こういうの好きです♪
 1番は夏っぽくハワイアンの様な感じで歌われて・・・
 2番からはオリジナルで歌われました。
 小渕さん曰く「白浜バージョン」と言う事で、そう載せました。


次の曲は、小渕さんが「転機」になったと言う曲です。

古い曲や最近の曲、色々歌ったけど
曲を書くとき、思い浮かぶもの、届けたい言葉が出てこない事がある、
そんな時は1度書くことをやめて、そのままにする。
でもこの曲を書いたときは、何も考えないでスラスラ言葉が出てきた。
この曲が出来てから今まで30曲~40曲作ってきたけど、
この曲を書いたときの気持ちを思い出す、この曲を最後にみんなに聴いてほしい。

の様な事を話したっけ・・・混ざっていたらごめんなさい。

「今日は来てくれてありがとうございました」

手紙
 最後にこの曲をしっとりと歌います・・・ちょっと泣けてくる(涙
 曲の最後はマイクをOFFにして歌われたけど、
 アリーナ後ろ、その後ろのスタンドにも聞こえていたと思います。

黒田さんの締めの挨拶は
 「次はツアーで会いましょう!!」

終演は18:15頃でした。


今回はB 山田マン以外は、通常の(忙しいそうで他所も大事の)
メンバーではありませんでした。
そしてDrではなくPerになっていたけど、ハマってたと思いますよ。
大きな会場でのPerは、根本から音が響きにくい(通らない)と言う欠点はあるけど、
それを補って余りあるお2人の声、この日は絶好調やったと思います。

楽器に合せたアレンジもあったけど、
今までは無かった大幅なアレンジもアチコチに織り交ぜられていました。
『こー』は、そういうの好きです♪
普段とは違ったものや、遊び心いっぱいのアレンジがもっとあっていいはず、
『ライブでしか聴けない!』と言うものを前面に押して欲しい。
いろいろと注文も付けられると思うけど、ガンバって。
最近は、やたらとMCが取り上げられる様になったけど、
本来の「歌」の方でも、今までとは違った魅力を見せ続けていって下さい。

今回のFFでのセットリストやアレンジを含めた演出は、
急激に(少しヘンな?)売れ方をしていなければ、
あれから数年後には「こんな形になってたかも・・・」
と思えそうな、そんな想像をするのも楽しいライブ。
久しぶりにMCが記憶から飛んでしまう様な、
それくらいリストと歌が良かったライブでした。





04年まで、12月後半に必ず行われていた秋ツアーファイナル@城ホール、
それが無くなって以降・・・時期こそ毎年違えど、
唯一「狙って集まれる」のは、FFだけになってしまいましたが(と『こー』は思う)
今年もアチコチから多くの方が来られました。
チケットが取れてライブを見に来るのは、まぁ普通やけど・・・
中にはチケットがないままグッヅを買い求める為に。
全国から集まって来る方に挨拶する為や、
当日の和歌山の雰囲気を感じたいが為に来た方も。
FFは、これからも続けてもらいたいし、
出来れば、毎年やる時期を合わせて欲しいなと思います。


ちなみに、恒例になってた号外ですが・・・
今年は配られませんでした。
代わりの会場外にて・・・

FF号外.JPG

この様な立て看板になっていました。
ちなみに・・・ダメ元で文面の掲載許可を版権元と関係者にお尋ねしましたが、
至極真っ当な返事を頂きまして(笑
著作権の都合上、その許可は下りませんでした。

本編とアンコールの間に中座して確認したかったのはこれ。
実は上の号外、開演間際には準備されてました・・・
目隠しをしてあったので、それが何か分からなかったけど、
号外であったと言う事は、今年は初めから号外を刷る予定が無かったんですね。
・・・「行った人にだけズルイ」とか的外れなクレームがあった?(笑
まぁ、これは考えすぎとして、
「号外がオークションで売買される対象になる」事も原因の1つと『こー』は考えます、
今年もそうなる事を嫌ったとしてもおかしくありません。
アーティストサイドの好意を、どう生かして行くか・・・
それは、結局こっち(ファン)次第なんですよね。
確かに号外を刷るのには、お金もかかるやろうし手間もかかる。
今年は単純に「都合が付かなかった」のかも知れないけど、
「間に合わない」ではないと思うので、来年もFFの機会があるならば、
年に1度の記念として、ぜひ復刊をしてもらいたいです。
あとは、来場者全員を対象にしたステッカーも復活してもらいたい。
2日間に渡って、場所も変えて配るその意図、
「和歌山に留まって欲しい」と言うのは判るけど・・・
枚数限定やし、前日から和歌山に居られないし(汗
やっぱりBWに入場した事を記念する形がいいと感じます。





あと・・・これはオフィシャルに対してではないけど、

警告看板.JPG

去年も同じのが出てました。
前例があったから引き続いて出されてるはずです。

一部の心許ない方の為に「コブクロのファンはマナーが良くない」
と感じられてしまっている現実がこういう形で現れています。
「コブクロファンはマナーがいい」ではなく
「マナーが良かった」と過去形になってきていると思います。
それは、急激にファン層が拡大した反動かも知れない・・・
大勢が集まる場所での「マナー」や、
様々な形でアーティストサイドから発せられるのメッセージの意味、
それらをもう1度考える(前からのファンあれば今一度考え直す)
そんな時になっているはずです。





最後に余談。
最初のMCで「強調」されたと書いた所について。
どうも、『こー』は引っ掛ってました。
隣で一緒やったお姉ちゃんと顔を見合わせて
『もしかして見た・・・?(笑』て感じ。
(何を見たのかはこちらを参照
て、言うのは・・・地元の人は「南海本線」とは言わないですよね(汗
単純に「南海」と呼び捨てにするか「南海電車」て言わん?
もし「○○線」て言うなら、その時は「南海線」て言うやん。
『こー』が別のコンテンツで「本線」と書いた理由はちゃんとあって・・・
1、同じ南海の高野線と区別させる為に。
2、南海線と書くと、それは本線から枝分かれする支線も含めた
総称になってしまうから、
1つの路線に限定させる為に、正式名称の「本線」を使ったんです♪
そして、わざわざ「JR阪和線」とも言わなくない?
普通なら「JR」もしくは「阪和線」と呼び捨てる人が多いと思う。
・・・「阪和線」と呼ぶ人は少ないかな?(汗
ただ「JR」とだけ書くと他の路線も含む事になるから、
ここでも他のJRと区別して、
1つの路線に限定させる為に「JR阪和線」て書いたんです♪

て、マジメに書いてもしょうがないな(汗  
『こー』が書いた[はりきって!和歌山へ行こう!]が
もしかしたら「ネタ振りになったかも知れない」と言う程度で(笑


2007年5月1日 21時14分 初回UP
2007年05月03日 01時50分 記事を分割し大幅に追記
最終更新時に気が付いた事を書き足し。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/04/30 00:00 ] おんがく | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://50ku7101.blog.fc2.com/tb.php/513-582412c6