FC2ブログ





[ウルフルズ] 愛・ヤッサ博’06 その2

その1から続きます


Voシャッフルをした後に続くは・・・
「大阪の大阪による大阪のためのー!」

大阪ストラット
 「おおさかッ!おおさかッ!あれもこれもあんで~~♪」
 お決まりで、この最初の部分が、その時々で変るんやけど、
 「おおさかッ!おおさかッ!」から「ばんぱくッ!ばんぱくッ!」と続いた後、
 ちょうど風に乗ってステージまで匂いが届いていた、
 ある食べ物がコールされます。
 それは・・・「ヤキソバっ!ヤキソバっ!
 何ッでやネン(笑
 自称「ソース焼きそばに目が無い男」トータス、
 「いい匂い!」「腹減ったー(笑」を繰り返し、
 「目の前に置いてあったら動揺して歌ってられヘン(笑」
 それにしても2万人で「ヤキソバッ!」て・・・いったい(笑
 でも面白かったし、それにノッてしまう会場も大好きです♪

歌い終わるとケーヤンが[タテジマ]になってます。
そうです「六甲おろし」大合唱!(ケーヤンはタイガースの大ファン)
客席はロケット風船を膨らませます(入口で全員に配られます)
「♪~オーウ!オーウ!オウオウ!はーんしーんタイガース!フレーフレフレフレー!!」
歌い終わると同時に、甲子園に負けない勢いで、
芝生広場にロケット風船が舞い上がります!!
・・・最高です♪

あふれだす
 とても判りやすい歌詞が大好きです(笑

事件だ!
 サビ前の「♪~Go!Go!Go!Go!事件だッ!」
 ここの振りが『こー』は、お気に入り♪

バカサバイバー
 盛り上がる曲が2曲続き・・・

即興でトータス弾き語り
数人のお客さんの前から始まったウルフルズ、
毎年[ヤッサ!]が出来るのが嬉しい、これからも宜しく。
の様な感じで歌い、

そして「最後の曲です!みんなが歌いやすい大阪弁の曲!!」

ええねん
 東京弁しか聞こえない環境で育った『こー』からしたら、
 この言葉は、とても不思議な響きを持ちます。
 友達や知合いからの「ええねんで」と言う言葉で何度ラクになり励まされた事か。
 ちょっと泣けてしまいました(泣

メンバーが下手側に引き上げて、一息付きます。
気付けばすっかり陽も落ち、真っ暗。
でも、今日はいい感じに曇ってた事と、
心地良い風が吹いてたのが気持ちいい。

客席の「ガッツだぜ!」の声に応えて、再度メンバー登場!


アンコール

「アンコールありがとう!!
 Come On!Say!Yeah!!
 Every Body!Say!Yeah!!
 まだまだやりたい曲がいっぱいあるー---!
 カモーン!ケーヤン!!
この言葉に続く曲といえば・・・

ガッツだぜ!
 ステージのセンターでトータス(殿ではない ←「殿」とは・・・詳しくはPVを見てみよう♪)
 が前のめりに倒れる。
 その倒れた所にもリフターがセッティングされていて、
 倒れたトータスを乗せたまま上昇。
 客席の「ガッツだぜ!」の声、上まで昇りきるのを合図に
 起き上がるトータス・・・両手でガッツポーズ!客席からは大歓声(笑

 そして曲間では恒例になった仕掛け花火が。
 その場所は、ケーヤンのGと、ジョンBのBの先。
 ケーヤンは楽しそう、ジョンBはちょっと風向きに困ってた様子でした。

 さらには、日が暮れた後に歌った最初の曲。
 やっと照明の演出が目立ち始めます(汗
 でも・・・この時点で既に18:30を回っていて、
 しかもアンコール(もみじ川の音を出せる時間は19:00やったはずです)
 野外イベントで開演時間が早いと・・・照明て目立つ出番はないんだよね(汗

MC
先の夏フェスのMCから続く話。
若いの(流行りのアーティスト)に人を取られるのを見て、寂しい思いもしたけど、
ウルフルズだけを見るために、毎年これだけ集まってくれて嬉しい。」
と感謝の言葉が。

そして今回は新曲をやらない事、CSでの放送告知があって、
続く曲はトータスのハープから・・・

いい女~
 これがないと終われない!!
 お決まりの「いい!いい!いい!いい!いいおーんな~♪」を繰り返し、
 トータス1人、満足して袖に戻ってしまうのを、
 「もう一度トータスに会いたいかー!」と、ケーヤンが音頭を取って、
 客席全員で呼び戻すのもお決まりですね♪
 3・4回繰り返すかな?と思っていたら、2回目で自ら戻ってきたトータス
 「大事な曲やるの忘れてた♪」

A・A・Pのテーマ
 A・A・Pはキャッチコピーみたいなもんやね。
 アホ(A)アホ(A)パワー(P)です。
 ウルフルズのライブで必要なのは何よりもこれ、羞恥心は敵です(笑
 せっかく来てるライブやし、ノッて盛り上がらな損!
 客席全体が曲に合せて「A!A!P!」と人文字を作るのも楽しいです♪
 サビでのトータスのVoと、それを真似るミッキーのKey
 楽しそうに掛け合ってる2人の表情がいい♪

最後もお決まり・・・
  ト「俺たちはー!」
 客「ウルフルズー!!」
  ト「君たちはー?」
 客「お客ー!!」
  ト「ここはー?」
 客「万博ー!!」
  ト「あーい(合)言葉はー-!!カモーン!!!」
 客「A!A!P!!」

「ありがとー!!」とマイクを通さずにトータスが叫び、
「また見てねー!!」はお約束(笑
19:10過ぎ終演。

ブロック指定だけで席単位では場所の決まっていない野外、
しかもスタンディングで3時間・・・正直キツかった(汗
でも、『こー』の関西での夏を締めくくる[ヤッサ]
今年も来る事が出来たし、メチャクチャ楽しみました♪

年々、チケット争奪戦が厳しくなってるけど、
だからと言うて、
他の夏フェスやジョイントイベントに出る[ウルフルズ]を観に行ったとしても、
「見られた」と言う事以外は、
時間も曲数も演出も満足感も、何もかもが中途半端で魅力半減以下
やっぱ単独ライブの魅力に勝るものはない!!
(これは他のお気に入りのアーティストに対しても同じ事を思ってます。)
それが年に1度で何万人も集まれるモノなら・・・なおさら♪

また来年も[ヤッサ]が終わった後には・・・

夜の太陽の塔.jpg

こいつを見ないとね(笑



関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/08/26 00:00 ] ウルフルズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://50ku7101.blog.fc2.com/tb.php/603-fd2d87a0