FC2ブログ





[ウルフルズ] @日大 藤桜祭

と、言う訳で・・・

10/28.JPG

行って来ましたー
[ウルフルズ]の学園祭コンサート@日大 湘南校舎 藤桜祭
まさか、まさかですよ・・・
8月のヤッサ以降に[ウルフルズ]のライブが観られるとは思わんかったし・・・
メッチャ嬉しかったー♪
おまけに場所も『こー』ん家から近かったし(笑

以下セットリストと、カンタンな感想です。
ちなみに・・・本編中盤のセットリストについては、思いっきし入り込んでたので、
全く自信がありません(汗
歌った曲と曲数に間違いはないです。





会場は体育館。
パイプ椅子が並べられていました。
おおよその席数にして1700くらいか。
会場10分前には2階のバルコニー席も含めて満員。
『まだ?まだ?(浮』て感じで『こー』は落ち着きがありません(笑

定刻から5分押して恒例のSEが流れます。
それをきっかけに『知ってる人』は席を立ちメンバーを出迎える準備。

やがてステージ上手からメンバー登場!
サンコン・ケーヤン・ジョンB・ミッキー・・・トータス、
それぞれが定位置に着きます。
トータスが場内を見渡して「ニチダーイ!!」
場内は大歓声。

愛がなくちゃ
 OPにこの曲
 「♪あーいがなくちゃ!」『あーいがなくちゃ!』
 C&Rで盛り上げます。

それが答えだ
 独特の振付けがある曲で、ファンかそうでないかがバレます(汗
 ステージ上から踊れてる人を見つけては
 「あいつはファンやな♪」て思ってたんやと思う(笑
 この日に初めて[ウルフルズ]を見る人が大半と思うけど、
 この曲は知れてる曲(やろう・・・。)と言う事もあって、
 さらに盛り上がります。

MC:トータス
 まずは招聘元へのお礼。
 そして、2ヶ月ぶりのライブ(8月のヤッサ以来)と言う事で緊張してる事と、
 学祭ツアーをやろうとしてたけど「ツアーはお断りして行きたい所だけにした」話を。
 確かに・・・普段は学祭やらない人たちやからねぇ(汗 
 そして「日大と言えば・・・」と言う話から、
 10年前に同じ日大でも下高井戸(しもたかいど)で学祭ライブをやったらしく、
 その時のライブで最後に電源が落ちた事を話す。
 最後に「今回はその時のリベンジ!」だと話し、場内は盛り上がります。

 そこから続いたのは・・・
 「金の切れ目は」『縁の切れ目ー!』
 ライブでは定番中の定番のC&Rです♪

 「金の切れ目は」『縁の切れ目ー!』
 「オーケー!しゃっきんだいおー!!」

借金大王
 [ナニワ金融道]のテーマになっていて、広く知られてる曲ですね。
 場内の異様な盛り上がりはなんでしょう(笑

 この曲の途中でトータスが「ヒトコト」言うんですけど、
 今日のそれは・・・
 最前列で警備する学生さんが、客席に背中を向けてステージを見てたらしい(汗
 トータスは、それがとても気になってらしく、最前列を指差して・・・
 「目の前の君、そうそう君、警備っちゅーのは本来、前(客席)向いてるのが仕事や(笑」
 「見たいのは分るけど耳だけで楽しんでてくれ(笑」
 の様な事を言って、ツッコんでました。

ワルツ
 この曲は(ファン以外なら)知らない人の方が圧倒的に多いと思うけど、
 やはりお決まりの
 「♪~お嬢さん」『おじょーさん』
 のC&Rで盛り上がりました。

 ちなみに・・・曲調は[ワルツ]ではありません(汗

MC&メンバー紹介
 ケーヤン(EG:ウルフルケイスケ)
 焼きそばがおいしかったとお礼を。

 サンコンJr(Dr:サンコンJr)
 楽屋の隣の部屋にトレーニングマシーンがあった事と、
 それは「自分の為に用意してくれたんだ(笑」と笑いを誘います。
 トータス曰く「ドラマーは後ろに居るから何とかしてその存在をアピールしたい」と。
 そして2つ人種が居て
  1.ドラムを要塞の様に囲んでアピールする
  2.自らの筋肉(特に腕・上半身)をアピールする
 のに分けられるらしい。
 上のトレーニングマシーンの話は、サンコンJrが2に由来するであろう(笑
 との事からの話でした。

 ジョン・B(B:ジョン・B・チョッパー)
 ヒトコト目にいきなり
 「ホコリっぽいです、僕ねハウスダスト(のアレルギー)なんですよ。早く帰りましょう。」
 場内、大爆笑(笑
 トータスが何かとフォローしてました。

 ミッキー(Key:伊東ミキオミッキーフロム熊本)
 カンタンにお礼を言ってたはずです。

 最後にケーヤンが「魂揺さぶるオトコ、Mrソウルマン!」と
 トータス(Vo:トータス松本)を紹介。
 恒例の「ティー!!(T:両手でアルファベットのTの字を作ってます。)」
 いや、それはファンの人しか分からんやろ(笑
 何とか会場全員に作らせようとしたのか、2度3度繰り返しました。
 「気にせんといて、ちょっと舞い上がってます(笑」とヒトコト。
 
いやんなる
ワンダフルワールド
 バラードが2曲続きます、トータスのVoが響きます。
 客席は声量豊かな声に、ただただ聞き入ってる様でした。

笑えれば
 ここで歌ってしまうかぁ(泣
 ウルフルズでイチバン思い入れのある曲と言えば、これです。
 大阪に住んでた時の、最後の方に聴きこんだ曲で、
 この曲と[コブクロ]の[風]は忘れられヘン・・・泣きそうやった。

サムライソウル
 久しぶりの大ヒットになった曲です。
 OPで場内から歓声があがりました。

バンザイ
 サビで客席みんなで『バンサーイ!』て両手挙げてくれたのが嬉しかったなぁ♪

大阪ストラット
 サビでのC&Rは日替わりなんですけど、
 今日は「おおさかッ!おおさかッ!」→「にちだいッ!にちだいッ!」と続いた後・・・
 生物資源科学部!生物資源科学部!
 ・・・て、言えるかい!!4文字のトコにどうやって11文字も入れんネン!!
 トータスも客席もカミカミやしグテグテやし・・・大爆笑(笑
 結局、客席が「にちだいッ!にちだいッ!」
 で、その後にトータスが「♪~あれもこれもあんで」の所を「♪生物資源科学部~」
 と歌ってましたね。

 そして、
 「Come On!Say!Yeah!!」『Yeah!!』
 「Every Body!Say!Yeah!!」『Yeah!!』
 トータスが客席を煽ります。
 そして『オーケー!カモーン!ケーヤン!!
 と続けば・・・

ガッツだぜ!
 誰もが知ってるであろうこの曲で、テンションも最高潮♪ 

トータスの弾語り
 少しのクールダウンを兼ねて、カンタンな弾語り。
 メッセージとしては・・・

 今日は呼んでくれてありがとう。
 若いみんなには夢や希望がたくさんあると思う、それを掴んで欲しい。
 オレらもまだまだ夢を追いかけてます。
 とにかく前へ、ひたすら前へ。
 そしてみんなも前へ、まっすぐ、まっすぐ、まっすぐ・・・
 転ぶ時も前に、倒れる時も前のめりに倒れてくれ。

 最後の曲です、自分を、みんなを全肯定の歌。


の様な事を弾語り・・・

ええねん
 この曲の事は8月のヤッサの感想にも書いたけど、ジーンとくる。
 曲の最後の「ええねん!」を、いつもより長くリピート、良かったぁ(泣


ここで本編は終了。
『エイ!エイ!ピー!(A・A・P)』の掛け声と、
アタマの上でA・A・Pと文字を作りアンコールを促します。
初めて見た人には「何やこいつら・・・」て思われてたのは確かでしょう(汗
でも、せっかく来た[ウルフルズ]のライブです。
これを楽しむのに必要なモノは僅かな勇気、
不必要なのは羞恥心、と常々言いますから(笑

5分ほどしてメンバー再登場

再度のメンバー紹介と、ひと通りの挨拶・お礼。
そして
「大事な合言葉の歌を唄います。合言葉はA・A・P、アホ・アホ・パワー。」

A・A・Pのテーマ
 なーんも考えんと、アホになれる曲です。
 だんだんとハイになっていき・・・
 もう、そのままノリに任せておきたい感じです(笑

 ・・・こんな曲しか歌ってないイメージがあるでしょう(汗
 そんな事ないですからね。

MC:トータス
 締めの挨拶。 

いい女
 曲が終わってトータスだけが下手に下がります。
 そして・・・お決まりの
 「もう1度トータスに会いたいかぁー!!」『Yeahー!』
 「俺たちと一緒に呼んでくれるかー!!」『Yeahー!!』
 ケーヤンの呼び込みも大盛り上がり!
 「トータス!トータス!」『トータス!トータス!』
 後ろ向きで歓声に引っ張られながら登場するトータスは、いつもより嬉しそう♪
 「♪いい!いい!いい!いい!いーいおーんな~~!!」
 
 と歌い切って終了、
 「ありがとー!!」の言葉と共に上手に下がり終了です。


終演が18:50分頃でした。
内容はひたすら濃かったです♪

先に書いた様に、体育館にパイプ椅子が並べられたトコやったけど、
ノリとしてはホールと言うよりは、ライブハウスでした♪
跳ねて、目いっぱい手振って、声出して・・・
途中で着替えたシャツも汗でビッショリでした(笑

ケーヤンも高さはないけど
いつもよりも余計に飛んでたなぁ・・・ノッてた♪
トータスがMCで「久しぶりで緊張してる」を繰り返してたけど、
みんな同じやったんかな。
それを振り払うかの様な、テンションの高さと盛り上げでした。

これで[ウルフルズ]としてのライブは、
『また来年』になってしまうのは残念やけど、
精一杯楽しませてもらいました♪


2006年10月30日 15時59分 初回UP
2006年10月30日 21時38分 若干追記・修正
最終更新時にTB設定(やすべえさん




関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/10/28 00:00 ] ウルフルズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://50ku7101.blog.fc2.com/tb.php/604-ccceb897